• Shingo Ohta Films “The End of the Special Time We Were Allowed”twitter Account
  • Shingo Ohta Films “The End of the Special Time We Were Allowed” facebook Page

増田壮太 紹介 | 映画「わたしたちに許された特別な時間の終わり」

増田壮太作詞・作曲家、ヴォーカリスト、ギタリスト、画家

増田壮太 (作詞・作曲家、ヴォーカリスト、ギタリスト、画家) Photo By.hrA@farcalm.

1983年埼玉県志木市生まれ

16才の時より浦和西高校の軽音部でくるりのコピーバンドを始め、それがきっかけでバンド活動を始める。

2000年、YAMAHA TEENS' MUSIC FESTIVAL 2000全国優勝
横浜MUSIC FESTIVAL 最終ステージ進出(横浜アリーナ)
YAMAHA主催高校対抗バンド合戦「タイコバン」全国優勝

続きを読む
2003年、窪田晴男(パール兄弟 他)プロデュースにより「StarLightCarnival」名義で自主制作CD(3曲入り)を発表。 2006年、ぴあフィルムフェスティバル最優秀監督、菱沼康介(「ライフ・イズ・デッド」「くノ一忍法帖 影ノ月」他)監督作品「烏は鳴いているか」に主演。 2007年、SONY MUSIC ASOSIATED RECORDSにオリジナル曲が評価されデモのやりとりなどを幾度か行う。 2008年、NowhereMans名義でSPEEDSTARRECORDS15周年記念オーディションのライブによる最終第四次審査まで通過、
全国3200組の応募の中からファイナルステージ10組までに選ばれる。
2009年、草野翔吾(映画「からっぽ」他)監督作品「MogeraWogura(大杉漣氏他出演/渋谷シアターTSUTAYA)」にオリジナル楽曲「川の中」を提供。 2006年、四谷アートステュディウム在籍後、絵画制作も行っておりグループ展に2回出品、現在所持絵画は500点に及ぶ。

増田壮太 ディスコグラフィーSota Masuda Discography

Title
命のドアをノックする
Date
2014.8.6
No
AMOJ-6002
Price
¥2,000 (+Tax)
Label
6jomaProject

Song List

  • M-01. ミキサー、そして沈殿 俺待ち
  • M-02. 平成
  • M-03. 田端
  • M-04. 雨、雨、雨
  • M-05. 川の中
  • M-06. ロッキン'
  • M-07. 僕らはシークレット
  • M-08. 空色
  • M-09. 僕が修学旅行に行けなかった理由
  • M-10. ゴッド&ブッダ
  • M-11. 落日
  • M-12. 死のうかと思う
  • M-13. この世の果てや終わりでも
  • M-14. ビルの上から
増田壮太のベストアルバムが8月6日に全国リリース
2000年にロックバンド「おきゃんぴー」を率いて、日本一の10代を決めるバンドコンテストであるヤマハ音楽振興会主催の「TEENS' MUSIC FESTIVAL」で全国優勝を成し遂げるなど数々の賞を受賞したミュージシャン増田壮太。 若くして将来を嘱望された増田だったが、その後はプロデビューを目指すも機会に恵まれず、生きること自体に煩悶していた彼は、2010年12月に自ら死を選んだ。享年27歳。 増田が作った楽曲は生前には世に出ることはなかった。しかし彼の死後、ミュージシャン仲間に才能を認められていた彼の楽曲は、タニザワトモフミが所属するバンド「SPACE LIKE CARNIVAL」でカバーされるなど、各方面で影響を与え続けている。 そんな増田壮太を生前から撮影し、彼の自死も含めて描いたドキュメンタリー映画『わたしたちに許された特別な時間の終わり』がこの夏劇場公開されることになった。谷川俊太郎、長澤まさみもコメントを寄せているその映画の公開を契機に、増田壮太の再評価の機運が高まり、増田壮太の残した楽曲を選りすぐった「最初で最後のベストアルバム」の発売が決定。壮絶な生を叩きつけてこの世を去った異色の才能に是非触れてもらいたい。

Twitter